行政書士を効率よく習うなら通信講座が賢明

幼稚園で働くための資格

女の人

最新の出題傾向を把握可能

幼稚園教諭は、幼稚園で働くために欠かせない国家資格です。新卒で幼稚園教諭の職につくには、大学や短期大学、専門学校にて既定の単位を取得する必要があります。よって、資格取得にあたっては、スクーリングが欠かせません。専門学校によっては、ダブルスクールや社会人が通いやすい日程のカリキュラムを組んでいる場合もあります。スクーリングによるメリットは、試験の最新の出題傾向や重要ポイントを知ることができる点です。また、教育に関わるそのほかの資格できるケースもあります。それは、社会福祉主事任用資格や保育士です。民間資格としては、おもちゃインストラクターやレクリエーションインストラクターなどがあります。そのため、より多くのスキルを身に付けられるとともに、卒業後の就職先の選択肢が広がります。そのうえ、各大学や短期大学、専門学校が提携している就職先を紹介してもらえるチャンスが得られます。上述の方法以外にも、保育士から幼稚園教諭の資格を取得する道もあります。それは、保育士資格から幼稚園教諭を目指すルートです。保育士の資格と、3年間かつ4,320時間の実務経験で幼稚園教諭試験の一部が免除される特例を利用したものです。ゆえに、保育士がスキルアップのために幼稚園教諭の資格を取得できる内容です。この場合も、各種学校に通う方がメリットが大きいといえます。その理由は、近年は教育関連の法改正が相次いでおり、授業の中でしっかり把握する必要があるためです。